Note:

Ylang Ylang

熱帯雨林に育ち、香りの良い黄色い花をつける樹木で、原産地はモルッカ諸島。木は2種類のタイプ、ゲニュィナとマクレフィラがあり、それぞれイランイランオイルとカナンガオイルが採られる。今日現在出回るイランイランオイルのほとんどはコモロ諸島とマダガスカルで栽培される。花は黄色だが、調香師はこの香りを「白」と捉えている。香りは、官能的で濃厚な甘さがあり、フローラル、バルサミック、ほのかにスパイシーな香調である。水蒸気蒸留によって得られた精油は、商業的には等級があり、蒸留の最初に抽出される順番で「エクストラ、ファースト、セカンド、サード」。インドネシアのジャワ島を中心に産する「カナンガ」はイランイランに香りは似ているが、よりきめの粗い匂いである。イランイランオイルとカナンガオイルの差は、蒸留法の違いによるとされる。カナンガは花を潰して水蒸気蒸留されるが、イランイランはそのままで水蒸気蒸留される。カナンガオイルの香気成分についてはイランイランオイルと成分的には殆ど同じであるが、イランイランオイルよりセスキテルペン類がより多く、エステル類がより少ないのが特徴である。

Fragrances

Ylang Ylangを使った香り