Note:

Oakmoss

オークモスはその名の通り、樫の木に着生するコケ(日本名:ツノマタゴケ)で、ユーゴスラビア、フランス、モロッコ、アルジェリア、ハンガリー、チェコスロバキア、ギリシャなどで産する。ユーゴスラビア、フランス産が良質とされる。香気は海辺や森林を想わせるグリーンな感じにやや腐食的で土くさい調子があり、フェノール的、酸的、アルデヒド的。最も一般的に使用される原材料の1つであり、特に古典的な香水で有名なChypre(Coty, 1917)の流れを汲むシプレー調の香りの調合には欠かすことができないものである。シプレー調と同様にフザア、モッシー調でも不可欠であり、森林調、オリエンタル、ラベンダーブーケ、モダンのベースにも使用される。

As the name suggests, Oakmoss (Japanese name: Tsunomatagoke) is a moss that grows on oak tree. It is produced in Yugoslavia, France, Morocco, Algeria, Hungary, Czechoslovakia, and Greece, especially Yugoslavian and French are considered good quality. While it is a fragrance of greenery reminiscent of the seaside and the forest, there is also a slightly corrosive and earthy feeling with aroma of phenol, acid and aldehyde. Oakmoss is one of the most used raw materials. It is essential for chypre-family scent which is descended from Chypre (Coty, 1917) , a wildly acknowledged classical perfume. In addition, it is indispensable to fougere(fougère) and mossy scent, and it is also used as a base for woody, oriental, lavender bouquet and modern scent.

Fragrances

Oakmossを使った香り