普遍的な都市生活者へ処方された香り。
アトリエで研鑽を積み、今や世界中のショップからセレクトされる〈アポテーケ・フレグランス〉による新しい香りのレーベルがスタート。〈APFR〉は「普遍的な都市生活者へ」をモットーに調香されたユニークな3種のフレグランスと、フレグランスブランドとしては類例がないミリタリー支給品をイメージしたパッケージが特徴的なシリーズです。 アポテーケ(ドイツ語で薬局の意)の名称通り、ウッディーやフローラルなど豊富な香りの処方箋を取り揃えたメインのラインとは対照的に、あえて香りを絞って展開し、「都市生活者」をテーマにしながらもブランドらしいアーシーな快楽を刺激しています。パッケージにはブランドディレクターの愛好する軍物支給品の雰囲気を残した鉛色が配してあり普遍的で精悍な印象です。ブランドとして〈for him〉いわゆる男性向けのラインとしてデザインされましたが、調香はユニセックスにしてあり、女性も楽しめます。シンプルなあしらいの日用品としてホリデーシーズンの贈り物にも重宝するでしょう。

A scent prescribed for universal urban dwellers. A new label of scents has been introduced by “Apotheke Fragrance”, a brand launched by an atelier-studied craftsman and selected by shops all over the world. Three unique fragrances conceived specially for universal urban dwellers are available in the “APFR” line. The military-supply-like package design, rare for a fragrance brand, is the distinguishing feature of the label. Holding the name of “Apotheke”, meaning “pharmacy” in German, we have a wealth of prescriptions with a variety of incenses in the main line. In contrast, the fragrances in “APFR” are carefully selected and provide earthy pleasures to “urban dwellers.” The package is lead-colored, which reflects the brand director’s love for military supply designs, offering a universal and fearless impression. “APFR” was originally designed as a line for men, “for him”, but the incense is blended as a unisex scent to be enjoyed by women as well. It also will be a perfect holiday gift as a simple daily necessity. A scent prescribed for universal urban dwellers.

APFR Page